脱脂術の最新情報|一生顔の中に残ったまま|最新の美容整形を利用する
ウーマン

脱脂術の最新情報

レディ

目の下のたるみを治療する方法の中で、一番確実なのは脱脂術です。余分な脂肪を除去することで、目元を劇的にすっきりさせることができます。半永久的に効果が持続するため、何度も美容整形外科に通わずに済む点も魅力の1つです。脱脂術は、目の下のたるみを治療するためにまぶたの裏側から脂肪を取り出します。そのため、傷口が表に見えることはありませんし、ダウンタイムも少なくて済みます。脱脂術を単独で行うと目の下がへこんで見えることもあるので、その場合はへこみ部分に脂肪を注入すると完璧です。目の下のたるみ治療は、複数の治療法を組み合わせることで完成度を高くすることができます。目の下のたるみを脱脂術で改善する予定なら、脂肪注入法の組み合わせ対策も検討しておきましょう。

目の下のたるみを取る脱脂術は、ダウンタイムが短いのが特徴的です。目の下のたるみの原因となる脂肪を、まぶたの裏側から取り出すことで皮膚にかかる負担が軽くなっています。そのため、長くても施術後1週間から2週間で腫れが引きます。患者さんによっては、もっと早く腫れが落ち着くこともあるので、数ある目元治療の中でもダウンタイムが少ないことは間違いありません。多少腫れても周りには違和感を与えないぐらいなので、普段通り生活することが可能です。仕事を長く休めない方、身体に強い負担をかけたくない方にも、この治療法がぴったりです。しかも、たるみはもちろんクマも改善することができるので、見た目年齢を一気に若返らせることができます。

Copyright© 2016 一生顔の中に残ったまま|最新の美容整形を利用する All Rights Reserved.